キトサンくんの、やっぱり健康!

現代にも通じる古代養生論の中身

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日は古代養生論について書いてみたいと思います。

養生とは生を養うこと、つまり健康に気を配り体調管理に努めることといった解釈ができると思います。

現代の健康観にも通じる養生思想の起源は中国と言われています。

古代中国の養生訓

紀元前の商(殷)、周の時代に記された「周禮」または「周官」には次のような記載がありました。

”政府として専門職を設けた。食べ物の管理医-食医、一般疾病の管理・治療医-疾医、外傷系の専門医-傷医、馬・牛など動物(戦争の資源に該当する)の専門医―獣医。毎年これら専門職を維持するためにテストがあり成績により 5 段階級に分けた。”

このように古代中国では、現代の、どちらかというと西洋医学に近い印象の医学制度の基礎が出来上がっていたのは驚きます。

古代養生訓の健康観

その中国の養生思想はいずれ日本にも伝わり、正徳2年(1712年)には儒学者の貝原益軒が「養生訓」として記し、健康の手引書として広く一般の人に親しまれたそうです。

さて、昭和4年に刊行された古代養生論(山田次郎吉著)には、古代中国における様々な養生法が書かれていますのでその一部をご紹介します。

●夜寝るとき、両手で手足や胸、腹を十数回こすって「乾沐浴」をし、横になって膝を屈伸させれば気力が増大する。

●常につつしむべきもの三つあり。一に飲酒、二に房事、すなわち色欲、三に塩辛き食べ物なり。この三者をよく節して、つつしむ者は、薬を用いなくても病気にはかからない。

●欲しいままに飲食する者には、五つの憂いあり。
 一に胃をそこなうこと。
 二に小便が近くなる。
 三は眠ってばかりいる。
 四は体が重くなって、満足な仕事ができない。
 五は慢性的な消化不良。
したがって、常に病気がちとなり、長寿はおぼつかない。

●朝家を出るときに、ショウガの小片を口に含むと、わざわいを寄せ付けないだけでなく、胃を開いて、食欲を増すから健康に良いのだ。

●食べてすぐにごろりと横になったり、一日中座っていたりすれば気血がとどこおって、しまいには寿命を縮めてしまうだろう。

●ナツメの種子を口の中に含んで終日しゃぶっていれば、気が体中に充実して津液(唾液のこと)が生じ、長生きできる。

●天は「五気」をもってひとを養い、地は「五味」をもってひとを養う。「気」と「味」が一体となったとき、はじめて生命を養う本当の栄養が生じる。それは何かと言うと、旬の食べ物だ。季節外れの野菜やくだものは食べても、あまり養いにはならない。

旬の食べ物

●長生きしたかったら、一日に一回は大木の下に行き、大木の霊気を深呼吸して、体の老化を防ぐように努める。

●人間は歩かないと、腰がだめになり、足が弱ってくる。そして、やわらかいものばかり食べていれば、歯もだめになり、顎もだめになるから、唾液の量が減って、結局は長生きができない。

こうしてみると、現代にも通じるものもあれば、昔ならではの発想のものもありますが、なかなか興味深いものばかりです。やはり、昔の人は偉いですね。

Health is the best.  やっぱり健康!

2018年2月22日

参考資料:
百歳まで生きる健康雑学事典 永山久夫著 光風社出版

じつは春先に多いしもやけはなぜ出来るのか。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日はしもやけについて書いてみたいと思います。

今年の冬は本当に寒いです。2月も半ばを過ぎ、そろそろこのブログでも春の話題を取り上げたいところですが、まだまだ寒い時期の話の方がふさわしい感じです。

今日の話題に取り上げるしもやけは、真冬の一番寒い時期よりもこれから春先にかけて起こりやすい症状になるので是非読んでみてください。

私たちの体は体温を一定に保とうと全身に血液を循環させていますが、前に書いたブログ「冬、手や足の先が冷たくなる本当の理由。」にもあるように、気温が低下すると、生命を維持する上で重要な部分の温度低下を防ぐために、皮膚の下にある血管を収縮させて流れる血液量を減らしてしまいます。

しもやけの場合、このような血管の収縮や拡張が繰り返されることで血液循環に障害が生じた結果、特に手足の末端では血行のコントロールがしにくいこともあり、皮膚が赤く腫れたり、かゆみが出るといった症状があります。

しもやけ

また、1日の気温の差が10度以上になると起こりやすいことから、秋の終わりから冬や、冬から春 にかけてといった寒暖差の大きい季節の変わりめになると多くみられます。

なお、温度差は気温の変化だけでなく皮膚についた汗や水分が蒸発する際にも、急激に熱が奪われ温度が下がるので、濡れたままで放置しないことが大事です。

しもやけに似た症状にあかぎれがありますが、こちらは温度の低下に加え乾燥することで生じる皮膚疾患になります。

あかぎれ

気温の低下により皮下の血流が低下して、血管の周りの細胞の活力が低下すると細胞から水分が外に出てしまいます。乾燥した皮膚にはひび割れができ、出血を伴った痛みを生じます。

また、あかぎれは、洗剤やシャンプーを毎日使い続けることによる刺激、水仕事、慢性的な皮膚炎、老化、水虫なども原因になります。

いずれも予防には手や足などを手袋や靴下などで保温することが、キトサン入り保湿剤も有効です。

また、血行を改善するマッサージや入浴なども効果的ですが、もし少しでも症状が出てしまった場合には、薬などを使って悪化させないことが大切です。

キトサン保湿剤のカニパックアレ

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月19日

参考資料:
人体のふしぎな話365 ナツメ社

食物アレルギーで体におこること。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日は食物アレルギーについて書いてみたいと思います。

アレルギーは、外から入ってくる細菌やウィルスなどから体を守る免疫システムの過剰反応で、その中でも、あるものを食べた時にアレルギー反応が出ることを食物アレルギーと言います。

食物アレルギーはすべての人に出るわけではなくて、もちろん全く出ない人も大勢いますが、その症状は比較的軽微なものから重篤なものまで様々なものがあります。時には命に関わることもありますのでたかがアレルギーと言って軽く見るわけにはいきません。

食物アレルギー

食物アレルギーの一例として、せきが出たり呼吸が苦しくなったりする呼吸器系の反応や、お腹が痛くなったり下痢になったりする消化器系の症状、発疹などが出る皮膚にまつわる症状などがあります。

その中でも特に重い症状になるのがアナフィラキシーです。

時々スズメバチに刺された人が亡くなってしまったなどとニュースになったりしますが、これがアナフィラキシーショックで、食物アレルギーでも起こることがあります。

アナフィラキシーはアレルギーの原因物質を食べた時に数分から数時間以内に起こり、湿疹や腫れ、血圧の低下や意識障害などを経てショック状態に陥り、時には命を落とすこともある恐ろしいアレルギー反応です。

アナフィラキシーについてはこちらにとても詳しく書かれていますので、関心のある方はどうぞ。→食物アレルギーとアナフィラキシー

一般にアレルギーを起こしやすい食べ物としては、ニワトリの卵、牛乳、小麦、そば、エビ、カニなどがよく知られています。

アレルギーになりやすい食品

当社のキトナコスの主成分であるキチン・キトサンはカニを原料としていますが、アレルギーを起こすタンパク質は精製過程で全て取り除かれています。アレルギーを起こす心配はまずありません。

しかし、エビやカニなどの甲殻類アレルギーを持つ人は原因物質に対してとても敏感なので、ごくわずかでも残っていた時にはアレルギー反応を起こすこことも考えられますから、控えておいた方が良いかもしれません。

キトナコスのアレルギー表示

このようなアレルギーの原因になりやすいものを使った食べ物には、加工食品であれば必ず表示があるので、心配な方は表示をチェックするようにしてください。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月13日

参考資料:

薬をお茶で飲んではいけない理由

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日は薬を飲む時の飲み物について書いてみたいと思います。

よく薬をお茶で飲んではいけないと言われますが、それは、お茶にはタンニンという成分が含まれているからです。

タンニンには鉄分の吸収を妨げる働きがあるため、貧血改善を目的にした薬と同時に摂取することは避けなければなりません。

お茶と薬

しかし、すべてのお茶にたくさんのタンニンが含まれているわけではなく、麦茶などには含まれていないことから、お茶と薬は全部ダメというわけではありません。

そもそも、薬を飲む時に飲み物は必要なのでしょうか。

答えはイエスです。

水無しでも飲める特別な薬を除き、ほとんどの薬では水などと一緒に飲むことが勧められています。

その理由は、まず飲みやすくすること、そして、薬は飲んだら溶けなければ吸収されないので、溶けやすくするために水が必要だからです。

また、粉薬などは、水無しでは肺に入って肺炎を起こす恐れも出てきます。

このようなことから、薬は水と一緒に飲んだ方がいいでしょう。

薬は水で飲む

はじめに、お茶と薬の飲みあわせを書きましたが、薬には水以外に一緒に飲んではいけないものがいくつかあります。

よく知られているところでは、カルシウム拮抗剤という高血圧や狭心症の薬とグレープフルーツジュースは一緒に飲んではいけないという組み合わせがあります。

グレープフルーツジュースとカルシウム拮抗剤

これは、グレープフルーツ中の天然フラボノイド成分が薬を代謝する酵素の働きを抑えてしまうと考えられているからで、他にも免疫を抑える薬、高脂血症、てんかん、脳梗塞などに用いる薬などいくつかの薬との組み合わせが良くないといわれています。薬を飲むときにはグレープフルーツジュースは避けたほうが良いでしょう。

その他、総合感冒薬とコーヒーやコーラ、抗生物質と牛乳、胃薬と炭酸飲料、睡眠薬とアルコール飲料などは飲みあわせが悪いと言われていますので注意が必要です。

ちなみに、キトサンのサプリメントはとくに組合せの悪い飲み物はありませんので、どんなものでも安心して飲んでください。

Heslth is the best.  やっぱり健康!

2018年2月12日

参考資料:

臭いおならと臭くないおならの違い。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日はおならについて書いてみたいと思います。

出物腫れ物所嫌わずなおならですが、こればかりは老若男女問はず私たちが生きている以上、止めることのできない生理現象の一つです。でも、周りに人がいる時などはできればしたくありませんし、かといって我慢は体に悪そうだし、ニオイさえなかったらこっそり、、なんて考えた方もいるかと思います。

おなら

そのおならのニオイは一体何からきているのでしょう。

おならの成分は主に窒素や水素、二酸化炭素などです。これらのほとんどは食事などで食べ物と一緒にお腹の中に取り入れられることでたまってゆきます。炭酸飲料を飲むと泡も一緒に飲み込みますが、この気体は二酸化炭素です。

このように、口から入ったものだけではそれほどきついニオイはしないのですが、問題は腸内で発生したガスです。

ガスの発生は大腸菌などの腸内細菌が、大腸において食べ物を分解するときなどに起こります。この時にメタン、インドール、スカトール、メルカプタンなどといったガスが発生するのですが、このガスの種類によってニオイのきついものとそうでないものに分かれてきます。

発生するガスの種類の違いは食べ物の種類によって決まってきます。

肉類やたまご、チーズ、牛乳といった動物性のたんぱく質が分解されると、アンモニア、インドール、スカトールなど臭いガスが発生します。

臭いの出る動物性タンパク質

一方、ニンジンやキャベツ、お芋などの植物性の炭水化物が分化される時には二酸化炭素やメタンなどのそれほど臭くないガスが発生するのです。

野菜などの炭水化物

ただし、野菜を消化するのは大変なことなので、腸内細菌が活発に働いてガスが多く発生します。お芋を食べるとおならがたくさんでるのはそのためです。

また、腸内環境が悪いとおならのニオイが臭くなるのは善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れていることによります。肉類ばかり食べて野菜類が少ないと悪玉菌が増えておならの匂いが臭くなるばかりか免疫系にも悪い作用を及ぼし、病気の原因にもなりますので、健康のためにもおならの匂いが少なくなる食事をとるよう心がけてください。

ちなみに、大腸の中にはいつもおよそコップ一杯分のガスが溜まっているといわれています。この溜まったガスの約85%は腸の粘膜から吸収されておならにはならないということです。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月11日

参考資料:
人体のふしぎな話365 坂井建雄/監修 ナツメ社

NR・サプリメントアドバイザー研修会に行ってきました。 (社保協健康食品フォーラム)

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日はNR・サプリメントアドバイザーの研修会について書いてみたいと思います。

以前も書きましたが、NR・サプリメントアドバイザーの資格者は、その資格を維持するために5年間で50単位を取得しなければなりません。→NR・サプリメントアドバイザー

単位の取得は、全国各地で開催される学会や研修会に参加することで得られます。

今回はその一つの研修会に参加してきましたので様子を紹介します。

2018年2月7日、場所は東京の霞ヶ関です。普段この辺りはほとんど用がないので車で通ることがあっても歩いて周ることはありません。地下鉄丸ノ内線の国会議事堂駅で降りて会場に向かう途中、総理官邸がありました。(安倍さんしっかりやってくださいよと、心の中でつぶやきます)

首相官邸

この日はアメリカから副大統領が来るとかで周囲の警備が普段よりも厳重のようです。

坂を下ると本日の会場である新霞ヶ関ビルが見えます。こちらの1階にある灘尾ホールでフォーラムが執り行われました。

霞ヶ関第一ビル

会場の様子はこのような感じです。席は7割程度うまっていたでしょうか。

灘尾ホール

さて、今回の研修会は、一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会が主催で、第42回社福協健康食品フォーラム「健康食品に関する調査から見える課題と展望」と題して行われました。

健康食品フォーラム

内容は、かい摘んで言うと、機能性表示食品制度によって申請される各製品の添付資料を調査したところ、色々な課題が見当たりましたので紹介します。といった、完全に業者に向けた専門的な内容でした。

ですので、ここで事細かに内容を紹介してもあまりふさわしいとも思えませんので、私が気になったところなどを2、3書いてみたいと思います。

初めの演者は、国立健康・栄養研究所の梅垣敬三氏で、タイトルは「機能性表示食品制度における安全性の評価内容の実態把握の検証・調査について」です。

この方は業界では知らない人はいないと言うほど、古くから健康食品に関連する様々な問題を検討しているいわば業界のドンのような人です。

タイトルにあるように機能性表示食品の評価方法などの諸問題に触れた内容だったのですが、特に強調していたのは安全性の確保についてでした。

具体的には、健康食品を使用した消費者に体調不良などが生じた時、それを国などが把握する手段がまだ不十分であるといったことです。

重篤なトラブルであったり、軽微なものでも医者にかかるようなことがあればその情報は上がってくるけれど、腹痛や便秘などでは、本人や企業の段階で止まってしまうことが多いので、ささいなことでも情報を汲み取れる仕組みの構築に必要性を感じているということです。

梅垣敬三氏のレジュメ

次の富山大学の折笠秀樹氏は「機能性表示食品制度における臨床試験の評価内容の実態把握の検証・調査について」と題して、健康食品の臨床検査にはその信頼性に十分なものと不十分なものがあるところに疑問を呈していました。

ただ、こちらの先生は医薬品程度に評価のレベルを上げてしまうのは、もともと健康食品には無理があるので、安全性と品質を確実に確保したものであれば、効果の部分は個人ごとに合う合わないを評価すればいいのではないかとのお考えでした。

折笠秀樹氏のレジュメ

ASCON科学者委員会副委員長の鈴木勝士氏は「機能性表示食品の評価報告」ということで、こちらの先生も健康食品の機能性を評価する方法に企業によって差があることを指摘していました。

また、先ほどの折笠先生とは違って、食品と言えども機能性をうたっている以上は万人に効果が認められることを目指すべきとのお考えをお持ちのようです。

鈴木勝士氏のレジュメ

四人目は国立医薬品食品衛生研究所の花尻瑠理氏の「いわゆる健康食品中の無承認無許可医薬品成分含有調査について」です。

こちらの方だけは機能性表示食品には関わりのないお仕事をされている方で、主に外国などから輸入されている健康食品と名乗るものの中には、日本で指定されている医薬品成分や毒物、麻薬成分などが含まれていることがあるので、その調査の実態を紹介されていました。

特に男性が使う強壮剤やダイエット食品にはそのようなものが多く、知らずに使った消費者に健康被害が出ないよう日々検査を行っているということです。

花尻瑠理氏のレジュメ

いずれの方も、まずは安全性の確保が最重要であるということが、共通したお考えでお仕事をされていることがよくわかりました。

消費者にはますますそのニーズが高まり広く利用される健康食品市場の中で、中には粗悪な品質のものや効果のあまり期待できないものなども混ざって流通していることに問題があること、ただし、医薬品のように法律の厳しい管理は食品である以上なかなか難しいことなど、いろいろと課題があると思います。

私たち企業の人間は、行政の考え方も知り、消費者の話にも耳を傾けながらより人々に役立つ商品を提供できるよう日々努力を重ねなければならないと、改めて思った次第です。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月9

白髪の原因はメラノサイトのおとろえ。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日はメラノサイトについて書いてみたいと思います。

歳をとるとだんだんと髪の毛が白くなってきます。個人差はあってもほとんどの人にこの現象はあてはまります。

白髪

じつは、髪の毛の色は元々白い(透明)ということはあまり知られていないのでしょうか。髪の毛は白い細胞にメラニン色素が入り込むことで黒く見えているのです。

髪の毛のメラニン色素はメラノサイト(色素形成細胞)という細胞で作られます。そして髪の毛は毛母細胞というまた別の細胞が分裂して作られるのですが、この二つは隣り合っていて、メラノサイトでつくられたメラニン色素が毛母細胞にとりこまれて黒い髪へと成長してゆきます。

メラノサイトが元気なうちはいいのですが、老化や別の原因などで働きが弱くなるとメラニン色素を作る能力が低くなるので、メラニン色素は十分に毛母細胞に渡されず、白い毛母細胞のまま成長することから白髪になってしまいます。

メラノサイトの働きに影響するのは栄養不足、睡眠不足、病気や遺伝的要素もあるということですが、老化はやはり最大の要因になります。

老化にはなかなかたちうちできませんが、他の要素でその進行を遅らせることは出来るかもしれません。

メラノサイトは体の細胞のひとつなので、バランスのとれた栄養補給によって正常が保たれることは言うに及びませんが、特にビタミン12と葉酸、銅などは、メラノサイトの機能を活発化させる働きがあることが知られています。

ビタミン12が豊富な食べ物は、レバー、肉、魚、チーズ、卵などです。

葉酸はレバー、豆類、葉もの野菜、果物などになります。

銅はレバー、魚介類、種実類、豆類、ココアなどです。

これをみると、レバーはメラノサイトの活性化にはとても良さそうなので、白髪をくい止めたいという方は積極的に摂ってください。

メラノサイトに良いレバー

ちなみに、同じメラニン色素が影響して日焼けすると肌は黒くなりますが、髪の毛のそれとはメカニズムが違いますから、髪の毛に紫外線をあてても黒くなってゆくことはありませんので注意してください。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月7日

参考資料:

食べるスピードで健康に。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日は食事をとる速さについて書いてみたいと思います。

以前にもよく噛んで食べることはがん予防にもつながるというフレッチャリズムの話題をとりあげたことがありました。

よく噛めばそれだけ食べるスピードは遅くなりますが、食事をとる速さに関してはその方が体に良さそうです。

ゆっくり食べる

まず言えることは早食いは肥満の元になるということです。

私たちの脳には食事の量を調節する視床下部という部分があり、その中に摂食中枢と満腹中枢という場所があります。お腹がすいてくると摂食中枢が働いて食欲が湧き、その後食べたものが消化されてその栄養素が体の中に巡りだすと満腹中枢が働いて満腹感を得られます。

しかし、食べるスピードが速いと満腹中枢が働き始めて、摂食にブレーキをかける前に、食べ物を過剰に取り入れてしまうことになるので、太る原因となってしまうのです。

早食いで肥満に

国立健康・栄養研究所などの研究グループが女子大生を対象にした実験から次のような結果が得られました。

食べる速さを「とても遅い」「比較的遅い」「普通」「比較的速い」「とても速い」の5段階で自己申告してもらったところ、「とても速い」と答えた人の平均体重が55.4kgだったのに対し「とても遅い」と答えた人は49.6kgで、その差が5.8kgもあったということです。

身長差も考慮してBMIの肥満度もみましたが「とても速い」が22.0と「とても遅い」が19.6でゆっくり食べている人ほどやせの傾向であることがわかりました。

また、早食いが悪いのは太ることだけではありません。

早食いをするとよく噛んで飲み込むということをしないので、食べたものが大きい塊のまま胃の中に送り込まれます。そうすると、でんぷんなどの消化は唾液中のアミラーゼによって始まるので、早食いでは十分に唾液に触れないまま次の消化の工程に入ってしまいます。

そうなると胃や腸に負担がかかってきますので、それが消化不良の原因となり、免疫系や内臓のトラブルを引き起こす可能性が出てきてしまいます。

また、早食いは急激に血糖値を上昇させるため、それを抑制しようと膵臓から分泌されるインスリンの機能が不十分になることなどから、糖尿病を発症する危険性が高まります。

忙しい現代人

忙しい現代人ですから時間をかけられないこともわかりますが、食事はできるだけ時間をかけた方が健康に良いことがわかりました。自分の体のためにも、ゆっくりと楽しんで食事をとってください。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月4日

参考資料:

朝食を食べた方が良い本当の理由。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日は朝食について書いてみたいと思います。

あなたは毎日朝食を摂っていますか。

時々朝食を抜いた生活を送っている人に出会いますが、やはり朝食は摂っておいた方が良いようです。

朝食

人は眠っている間や体を動かさないでいても、生命を維持するために心臓を動かしたり、脳は各臓器を働かせるために絶え間なく指令を出し続けています。

このような活動を行うために使うエネルギーを基礎代謝と言いますが、大人の基礎代謝量は1日に約1200~1400kcalになります。ご飯の量としてだいたいお茶碗5~6杯分になります。

一日中何もしないでいてもこれだけのエネルギーを消費しているのですが、もちろん寝ている間でも代謝は続いています。

睡眠時間はだいたい7、8時間くらいありますし、夕食が済んでから朝食までの間はもっとあります。

それだけ長い間何も食べないでいると当然のことながらエネルギーは不足してきます。

その為朝はボーッとして頭が働きにくくなっています。ということは、脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足しているということになります。

眠たい朝

そんな状態で1日をスタートしても何もいいことはありません。

朝食には脳のエネルギー源として糖質が含まれるご飯やパンは最適です。

また、「朝の果物は金」と言われるように果物を朝食で摂ることはとても良いです。

果物には体に取り込まれやすい果糖、ブドウ糖が多く含まれているので、朝のエネルギーチャージには効果的です。

朝食に果物の効果

また、体に蓄えておくことのできないビタミン類も多く含まれていますので積極的に摂ってください。

ただし、市販のジュースなどでは酵素やビタミンが破壊されていることもあるので、できれば新鮮な生のフルーツにこだわっていただきたいと思います。ドライフルーツでもいいと思うのですが、ミネラルやビタミンは残っていても酵素は減っているものが多いので注意してください。

朝食が体に良いのは栄養的な面だけではありません。

1日の生活のリズムを整えるためにも、朝日と一緒に朝食を摂って栄養を体内に取り入れることが健康にとても効果的です。

朝食を美味しく食べるためには夕食の時間や睡眠も重要な要素になってくるので、きちんと朝食を摂るという生活習慣から1日のリズムを作るようにしてください。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月1日

参考資料:

長湯で手の指がしわしわになる理由。

こんにちは。
NR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんです。

今日はお風呂に長く入った時にできる手足のシワについて書いてみたいと思います。

まだまだ寒い日が続きますが、暖かいお風呂で体を温めるのは身も心も健康に良いですよね。つい長湯してしまうのですが、そうするといつの間にか指先がしわしわになっていることがあります。

水に浸けているからふやけているのだろうと思いますが、体の他の部分ではあまりそのようなことは起こらないので何か理由があるのでしょう。

手足がしわしわ

人の皮膚の表面は角質層という細胞に覆われています。その角質層は場所によって厚さが違って、手のひらや足の裏は特に厚く、顔の10倍にもなります。

お風呂などに長く浸かっていると、その角質層がスポンジのように水を吸って細胞が膨らんできます。ところが、角質層の下にある真皮の細胞はもともと水をたくさん含んでいるので、それ以上は膨らみません。よって行き場を失った角質層が凸凹に変形して、しわしわな状態になるのです。

このしわしわも、ただ”しわしわ”なだけではなくそうなる理由があると言われています。

それは、手や足が濡れている状態でも、物をつかんだり歩いたりする時に滑りにくくしているということです。

濡れた手で掴む効果

自動車のタイヤには溝が刻まれていますが、あれは水を切って道路との隙間をなくし滑りにくくするためのもので、しわしわになった手足も同じ構造になっていると考えられています。

濡れたガラス玉を容器にうつすという実験では、しわしわの指の方が早くつかめたということです。

本当に人の体はすごいですね、こんなことにもちゃんと理由があるのです。

一方、手足がしわしわになりやすい時には注意して欲しいことがあります。

しわしわになりやすいということは、角質層に水分がたまりやすいということなので、荒れて皮脂が足りていない状態になっている可能性があります。そのような時はハンドクリームなどで皮膚を保護するようにしてください。

Health is the best. やっぱり健康!

2018年2月1日

参考資料:
人体のふしぎな話365 ナツメ社

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

カレンダーの赤い日は、FBサプリのお客様サービスセンターがお休みの日です。
営業時間は、朝は午前9時から、夕方は午後6時(18時)までです。

毎日更新2
こんにちは! 
このブログでは、当サイトにお越しいただいた皆様に楽しんでいただけるような、健康に関する話題や、生活の中で少し気づいたことなどを、FBサプリのスタッフが紹介しています。

ブログ筆者紹介
こんにちは!
FBサプリの店舗責任者でNR・サプリメントアドバイザーのキトサンくんこと亀井雅文です。
健康生活には、キチン・キトサンがもちろん一番のおすすめですが、こちらでは、皆様に役立てていただけそうな、いろいろな健康ミニ情報をお届けしています。
これを読めば加齢も怖くありません!

こんにちは!
私たちはFBサプリの女性スタッフです。
日々の気づいたことや、地元富士市周辺の話題が多くなりますが、時々足を伸ばして旅先の様子なども紹介しています。
よかったら見てくださいね。


富士バイオリンク2

ブログのバックナンバー

平成30年 (西暦2018年)
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

平成29年 (西暦2017年)
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

ページトップへ